石鹸

便秘にならないためにプエラリアを正しく摂取

女性が悩むことが多い症状のひとつに、便秘があります。
便秘は不要物が体の中にあることで有害なガスが発生してしまいます。
そしてそれが肌のくすみなどの原因にもなりますから、できるだけ回避したいものです。

便秘の悩みを持つ女性は、とても多くいます。
便秘は単に不要物が体内に溜まっていくというだけでなく、溜まった不要物が原因でお腹が張ったり、肌にくすみなどを生じさせます。

便秘の原因とはほとんどの場合、腸内環境の問題です。
食物繊維は善玉菌のエサになり、便通を憶えさせるものですが、この食物繊維が不足してしまうと、腸内の善玉菌の活動が衰えてしまい、その結果便秘となってしまうのです。
便秘の解消には食物繊維を摂取するといった食生活の改善と規則正しい生活スタイル、そして適度な運動が必要になります。
また腸内環境を整えることは、便秘を解消するだけでなく、体の調子を整えることにもなりますから、腸内環境を整える生活を心がけたいものです。

しかし生活スタイルを整えていても更年期障害などの予防にプエラリアを利用している場合、摂取量や摂取方法を誤ってしまうと便秘になってしまうことがあります。
天然素材であるプエラリアですが、誤った使い方をしていると副作用がおこってしまうことがあるのです。

プエラリアはイネ科の植物で、産地であるタイでは、昔から伝統医療などで使われてきました。
プエラリアの塊根にはエストロゲンという成分があり、この成分は女性ホルモンを誘発する働きがあります。
そのため更年期障害など女性ホルモンの減少が原因となっている各種症状に有効と言われているのです。
プエラリアは毎日の摂取が必要ですが、その摂取量は、排卵の周期に併せて摂取するのが適当です。

排卵後から次の生理が始めるまでは、プロゲストロンという成分が活発化します。
このときにエストロゲンを摂取しすぎてしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまい、副作用として便秘などの症状が起こってしまうのです。
そのため排卵後から次の生理が始めるまでは、エストロゲンの摂取を控えめにしましょう。