石鹸

プエラリアを摂取するときの注意点

更年期障害の予防やバストアップ、美容効果など女性にとってうれしい効果が多いことから注目されているプエラリアですが、摂取の仕方などによっては副作用が起こってしまう場合もあります。
そのため使用するときにはいくつか注意する点があります。

サプリメントの中には摂取量や摂取の仕方など正しく使用していないと副作用が起こって症状を改善するどころか逆効果になってしまうものがあります。
特に女性ホルモンに対して直接的な働きを持つことから、更年期障害の予防や美容効果などが期待できるため話題になっているのがプエラリアのサプリメントです。
プエラリアはタイ北部に自生する植物が元になっている天然成分ですが、使い方には注意が必要です。

プエラリアの1日の摂取量は200~400mgといわれています。
摂取量に大きく幅があるのは、排卵期に併せて摂取量を変えていった方がよいためです。
女性は排卵期の周期によって体内で分泌される成分の割合などが変化します。
そのためプエラリアのサプリメントの効用も排卵期の周期によって異なるのです。
排卵期から次の生理までの間は、摂取量を控えた方がよいでしょう。
また多く摂取してしまうと、副作用が起こる場合がありますから摂取量の上限を守って摂取するようにしましょう。

サプリメントや医薬品には飲み合わせの問題があります。
同時に摂取することで相乗効果が得られる場合もありますが、逆に副作用が起こってしまう場合があります。
ピルは妊娠を回避するためのものですが、女性ホルモンを増加させる効果があります。
ピルを服用しているときにプエラリアを摂取すると、どちらも女性ホルモンを増加させる効果があるため女性ホルモンが過剰となり吐き気などの副作用を起こす場合があります。

そのほか甲状腺異常がある場合にプエラリアを摂取すると副作用が起こる場合もあります。
副作用が心配な人は利用する前に医師に相談してみましょう。
また摂取して異常があった場合は、すぐに摂取を中止するようにしましょう。